読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホクショー商事 社長ブログ

ホクショー商事 社長ブログです。

日本に居ながら海外進出を行う方法

f:id:hokusho:20170412134909j:plain

国内市場が縮小する中、大企業は勿論の事、中小企業においても海外進出に踏み切る会社が増えています。

しかし、私は、自ら海外に出て行くばかりが海外進出とは限らない!!と思っています。

例えば、人から聞いた話ですが…、

東京都八王子市のある鋳造加工業の工場では、社員29人のうち5分の1が外国人だそうです。5年前までは外国人は居なかったそうですが、外国人が増えるにつれて海外売上高が増え、現在では売上全体の7割を占めるまでになったそうです。

一時期はタイへの進出を検討しましたが、調査の結果、進出しても日本同様に厳しい価格競争があることが分かり、タイ進出は断念しました。
その代わり、日本の本社工場での外国人雇用を増やすことにしたとの事でした。

言い換えれば日本の職場をグローバル化することにより、海外進出を図ろうとしたのです。海外の大学のインターン生を始め、カメルーン(ご存知ですか?…アフリカ大陸中部にある国です)や中東地域の難民なども雇用しました。

その結果、社員だけで世界6カ国語に対応できることになり、自社ホームページも6カ国語の表記に変更する事が出来たそうです。

すると、こうした外国人社員の人脈を始め、自社ホームページなどからも海外の仕事が入ってくる様になり、米国からも大きな試作依頼が入ってくる様になりました。
赤字でやむなく受注していた国内の仕事を断ることが出来る様になり、数%だった経常利益率も15%に改善しました。

さらに、米国に現地法人をつくる予定との事です。

 

 

そう言えば、当社のお客様で、クレーンの製作・設置、並びに、乾燥装置のメーカーをしているお客様がいらっしゃいますが、フランス人の営業マンと技術(女性)がいる会社があります。

上記の鋳造加工業の工場さんの様な「ねらい」があるのかどうかは聞いたことはありませんが、同じような発想から来ているのかもしれませんね。

冒頭お話しした通り、自ら海外に出て行くばかりが海外進出とは限らない、やり方によっては国内にいながらグローバル化を図れるという、非常に興味深い事例だと思います。

当社でも、海外製品を扱っている関係上、前向きに考えていかなくてはならない課題だと考えさせられました。

 

 

ホクショー商事㈱

村 田 麿 基

『これから日本のものづくりが注力すべき分野』②

 

パート①では、長々と産業の歴史の話をさせて頂きました。

これは、私が「歴史好き」のセイもありますが、歴史に学ぶ姿勢が無ければ、将来の展

望も開けないと思っているからで、決して間違っていないものと自負している次第で

す。

 

さて、歴史を鑑みて愚考するに、これから日本のものづくりが注力すべき分野・・・私

は、ズバリ「重要部品」だと思っております。

 

例えば昨年、ドイツのKUKAというロボットメーカーが中国に身売りした様です。

KUKAはドイツNo1のロボットメーカーですから、一見するとドイツは重要産業を

手放した様にも見えます。

 

f:id:hokusho:20170310153936j:plain

 

しかし産業用ロボットというのは、精密減速機と、ACサーボモーターと、コントロー

ラーの3点セットがなければ生産することはできません。この3点セットはドイツと日

本のメーカーの寡占状態になっています。

 

精密減速機ですと、  

ハーモニックドライブ(日本)  

ナブテスコ(日本)  

・ヴィッテンシュタイン(ドイツ)

 

 

ACサーボモーターとコントローラーでしたら、  

シーメンス(ドイツ)  

・ハイデンハイン(ドイツ)  

ファナック  

安川電機  

三菱電機

 

ドイツとしてはセットメーカーをやっていても価格競争になってしまうので、セット

メーカーにとって必要不可欠な重要部品に絞込み、そこで国際競争力を高めようとして

いる様にも見えます。ドイツは「重要部品」に注力していると言えるのではないでしょ

うか。

 

日本も同様で、アイフォンの中に入っている電子部品のうち重要部品となる大半が村田

製作所、太陽誘電ローム、TDK、日本電産といった日本製です。

 

f:id:hokusho:20170310154102j:plain

 

また、最近良く見かけるようになったテスラモーター(アメリカ製電気自動車)も、核と

なるバッテリーはパナソニックと共同開発をしています。

 

そう考えると、日本としては、『高付加価値重要部品』と『製品・部品をつくるための

 

生産財』(工作機械や専用ライン)に注力していくことが、国際的分業の中で競争力を高

めていくことにつながると愚考いたします。

 

また「部品」「生産財」であれば、いかに関税をかけられても、また円高だったとして

も「完成品」ほどの影響は受けにくい特徴があります。

また、おまけとして、「部品」「生産財」はそもそも市場が小さくニッチですから、

「完成品」ほどのライバルはいません。

 

今後、コンセプト開発はアメリカ、生産は台湾・中国、部品と生産財はドイツと日本、

という構図が定着するのではないでしょうか。

そんな予想に立って、当社としても、「部品」「生産財」を作っているお客様に、北陸

地域だけといった地域を問わず、積極的にアタックしていきたいと思っています。

 

f:id:hokusho:20170311105334j:plain

      

                   

ホクショー商事㈱

村田 麿基

 

 

『これから日本のものづくりが注力すべき分野』①

 

新たな産業は不況期に生まれる、といいますが、歴史を振り返ると大きなチャンスは大

きなピンチの中にあることがよくわかります。

 

f:id:hokusho:20170310132813j:plain

 

例えば60年前の1957年頃というの『なべ底不況』といわれる不況期でした。

その名の通り、これはしばらく回復しないだろうと思われていた大不況が2年くらいで

回復し、その後日本は高度経済成長に突入ていきます。

 

この時の日本の産業の立役者はコンビナートでした。

 

第二次世界大戦直後と言う事で、アメリカやイギリスなど、戦勝国は工場が破壊されて

おらず、工場は古い設備のままでした。

また当時の製鉄所は鉄鉱石や石炭の採掘される鉱山の近くにつくるのが普通で、アメリ

カやイギリスでは内陸部に製鉄所が建設されていたそうです。

 

ところが内陸部だとその他の必要な原料を輸送するのに鉄道を使わざるをえません。

鉄道だと10トン貨車でも3万トンの物資を運ぶのに3000両もの貨物列車が必要になります。

ところが日本は資源が無く、また戦争で工場が破壊されていたため製鉄所を海側に作る

ことが出来ました。

現在のコンビナートです。

 

船だと1隻で2~3万トンの物資を運ぶことが出来ます。

鉄道を使用するのと比べると劇的にコストが安くなります。

その結果、日本は世界中から船で原料を輸入し、そして完成した鉄を船で出荷すること

で、資源を持つアメリカやイギリスよりも高い生産性でモノづくりが出来たわけです。

こうした生産性の高さが日本を高度経済成長に導いたと、歴史として証明されていま

す。

 

まさにピンチはチャンスといえるでしょう。

 

f:id:hokusho:20170310132804j:plain

そして現在・・・、

東西冷戦が終結して中国などローコストな国が国際経済に加わってから、世界的な分業

体制が組みあがりました。

コンセプト開発がアメリカ、生産が台湾・中国という構図です。

 

例えば、かつて、キャノンはヒューレットパッカードのプリンターのOEM生産を受託

していた歴史が有る様に、かつては競合メーカーに生産を委託することが多かったわけ

ですが、これは長期的に見ると「敵に塩を送る」ことになりかねません。

 

そうした中、「我々は自社ブランド品はつくりませんから、守秘義務も守れるし将来の

敵にもなりませんよ」と、世界中でOEMの仕事を受託して成長したのが台湾のホンハ

イ(フォックスコン)であり、TSMCといったEMSです。

 

日本のメーカーは、戦後から現代にかけて、受託する側→発注する側に回ったため、こ

の分野この手法での成長はもう考えられません。 では日本として、これからどんな分野

を伸ばすべきなのでしょうか。

 

f:id:hokusho:20170310133721j:plain

 

文章が長くなってしまったので、後半は第二弾にてお話ししたいと思います。

 

 

ホクショー商事㈱

村田 麿基

『相手に向き合う事』

 

    久しぶりブログになってしまいました。

当社も含む石川県の鉄工業界は、業種別の組合の数が多く、また、各地元メーカーさん

の共栄会なども数多くあるため、2月に入っても、まだ「新年会」が続いています。

こんな地域も珍しいのでは無いかと愚考しているところです。

 

 

そんな中で、ある会合にて話に出たことを書いていきたいと思っています。

 

 日本には、自分のことよりも他人を重んじ大切にする文化があり、自分のことはさ 

ておき、他人に尽くす人が多いような気がします。

これは良し悪しではなく、日本特有の風土なのかもしれません。

ぜひ、大切にしていきたい風土だと思っています。

 

 f:id:hokusho:20170209124202j:plain

 

 ある会合の参加者さんも、部下のことを思い、上記のような取り組みをされていて、

私もそれは素晴らしいことだと思います。

しかし、時には見方を変えてみる必要もあるのではないでしょうか?

 

「はたして、本当に相手と向き合うことが出来ているのか?」

相手と向き合うことが出来る人は、その前提として、自分自身としっかりと向き合うこ

とが出来ている人ではないでしょうか。

自分自身の感情をコントロールするだけではなく、自分の感情に気付き、

寄り添うことが出来るからこそ、相手の感情にも気付くことが出来ると

言う訳です。

抽象的な表現で恐縮ですが、そんな事を感じた瞬間がありました。

 

 皆さんはいかがでしょうか?

私は、ドキッとした瞬間でもありました。

自分の感情を気にも留めず、相手と向き合っていないか? 先輩・上司だから、管理職だ

から、役員だから、社長だから・・・と無意識に思っていないか?

 

自分と向き合うことが出来るからこそ、相手とも向き合うことができるのではない

か・・・f:id:hokusho:20170209114947j:plain

 

自問自答する毎日は続きそうです。

なお、新年会もまだ続きます・・・

 

 

ホクショー商事㈱

村田 麿基

平成29年年始のご挨拶

 

 明けまして、おめでとうございます。

f:id:hokusho:20161222112610j:plain

新年を健勝に迎えられたことに、感謝申し上げたいと思います。

 

 昨年の後半は景気の踊り場状態の中、当社も苦戦を強いられましたが、今年初春から

は景気も上向きになる事が予想され、前年の不足分をカバー出来るものと期待している

所です。

 

 この様な景況の中、当社は『業態を付加する』…当社の『出来る事メニュー』を拡充

する事、をさらに力強く進めて行きたいと思っています。

  1. 小ロット部品加工 
  2. 図面なしの「同一部品」製作サービス 
  3. 工事付きの工場設備 
  4. 機械・設備のメンテナンス 
  5. 専用機・特注備品の受注 

 

いずれも、お客様であるユーザーさんの社長さんや担当者さんを、このような苦労の多

い仕事から解放して差し上げる事が、我々の役割だと考えています。

当社営業マンが貴社にご訪問した際には、是非、お気軽にお申し付けください。

 

 また、その苦労の多い仕事の一つに、調達業務があります。

現在ご好評を頂いているインターネット販売

『ホクショー商事 ヤフー機械要素店』も引き続き拡充していく所存です。

現在35品群3,000強のアイテム数にてご好評頂いておりますが、

お客様の欲しい商材を、欲しい分だけ、安い価格で、手間を掛けずに入手できるよう、

今年も商材の拡充に努めてまいります。

 

 改めまして、今年も『ホクショー商事 ヤフー機械要素店』をご利用・ご愛顧賜りま

す様お願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

ホクショー商事(株)

代表取締役社長 村田麿基

平成28年年末のご挨拶

 

  

 いよいよ12月も数えるくらいの日数になってまいりました。

今年も、色々とお世話になり、ありがとうございました。

特に、インターネット販売を通じて知り合ったユーザーのお客様や、関係者の皆様には

深く感謝申し上げます。

                     

   f:id:hokusho:20161222111654j:plain    

 

 お蔭様で、『ホクショー商事 ヤフー機械要素店』は、12月現在、

35品群3,000アイテムを超える商品をご紹介できるまでに成長いたしました。

昨年3月にオープン以来、皆様に可愛がって頂けたお陰だと感謝申し上げます。

 

 オープン2年目の今年は、複数回ご利用頂けるユーザー様も多くなり、法人のお客様

の内いくらかのお客様には、直接ご訪問させて頂きお礼を述べさせていただきました。

この活動は、来年も引き続き拡大して進めて参る所存です。

皆様のお会社にご訪問した際には、ぜひご感想やご要望などをお聞かせ頂ければ幸いで

す。

 

 また、2年目で嬉しかった事として、ストア評価で4.8の星を頂戴することが出来た事

があります。

出来すぎのご評価だと自覚しておりますが、この評価を維持するべく、お客様にご満足

いただけるストア作りと、利便性と価格の追及、そしてさらなる商品群の拡充に努めて

まいります。

 

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、インターネット販売サイト『ホクショー商事 機械要素店』のさらなる成長に

ご期待下さいませ。

 

f:id:hokusho:20161222102259j:plain

 

 

ホクショー商事(株)

村田麿基

『非常時の経営』

 

    船井総合研究所 中谷社長のコメントに、「これから企業は非常時の経営にあたらな

ければならない」と言うのがあります。

 

 f:id:hokusho:20161208113706j:plain

 

ちょっと気になる言葉でしたので、考えてみました。

そもそも、非常時の経営とは何でしょうか?

   

    リーダーには、トップダウン型(ワンマン型)と調整型の2種類がある事は知られて

いますが、今、業績の良い会社の共通点はリーダーがトップダウン型であるとの事で

す。逆にリーダーが「調整型」の企業は総じて苦戦していると、中谷社長はおっしゃっ

ています。

 

重ねて、今のような非常時はトップダウン経営でいかなければならない、という事を強

く推奨しています。 気がつくと世界中の指導者も「トップダウン型(ワンマン型)」の

人物ばかりのような気がします。

 

 

    皆さんが良くご存じの中国の「干支(えと)」は、歴史サイクルを暦に反映さ

せたもので、60年1サイクルで構成されています。

干支は長年の歴史に裏付けられた「経験哲学」であるとも言えます。  

 

    ここ数年の事を考えますと・・・

去年:2015年・・・乙未(きのとひつじ)

”乙”は草花の芽が曲がりくねっている象形文字からできているそうで、「上手くいきそ

うだけど、なかなかそうならない」という意味だそうです。 また”未”は枝葉の繁殖を示

す文字だそうですが、枝葉が茂ると暗くなります。

つまり去年2015年「乙未」の年は、「上手くいきそうで、なかなかうまくいかない」

「徐々に見通しが立ちにくくなる」年です。

 

 

今年:2016年・・・丙申(ひのえさる)

”丙”という文字は「横に燃え広がる」という意味で、また”申”は「伸びる」という意味が

あるそうです。 従って、2016年は2015年に起きた問題が盛んに広がり発展する、言い

換えればパワーバランスや貧富の差が益々広がる、主流派が優位になる年です。

 

 

来年:2017年・・・丁酉(ひのととり)

 “丁”は釘を表す文字で、“安定する”という意味合いがあります。また“酉”は果実が成熟の

極限に達する、という意味があるそうです。 従って2017年の年回りは、例えるなら植

物が成熟しきって一定の大きさに達する様な年、ということになります。  

f:id:hokusho:20161208114317j:plain

    そう考えると、今年は大きく物事の差がついた年であり、来年はそれがより決定的に

なる、と捉えることが出来ると言えるのでは無いでしょうか?

企業経営も業績も大きく二極化していくと愚考いたします。

 

 

    組織のトップは「時流」と「原理原則」の両方を押さえた上で、より二極化が進むこ

れからの時代を、勇気を持って決断し、果敢に実施して、難局を乗り切っていく必要が

あると思います。

そういう姿は、トップダウン型に近いのではないかと愚考する次第です。

 

当社も私も、この考え方を腹の中に納めて、これから進んでいきたいものと・・・考え

させられた言葉でした。

 

 

ホクショー商事㈱

村田 麿基