読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホクショー商事 社長ブログ

ホクショー商事 社長ブログです。

『自分の持てる力を全て出し切らないと病気や不幸が発生する』

 

 学校の先輩でもある税理士さんから面白い話を聞きましたので、ご紹介させて頂きま

す。

 

 心理研究家の牧野和幸さんが、『自分の持てる力を全て出し切らないと、病気や不幸

が発生する』と述べているそうです。

 

f:id:hokusho:20161026135636j:plain

 

    要約すると・・・、

この地球上に生まれてきている人には、みんな使命と役割があり、その使命と役割を果

たすための才能やエネルギーを天から与えられている。

 

しかしながら、自分の力を100%出し切らない人が居る。

手を抜いて、70~80%の力を出して、あとはサボっている人が居る。

でも、それは非常にまずい事である。

 

なぜなら、天から使命を果たすために100の力と才能を貰った場合、もし80の力と才能

しか使わなければ、使われなかった残りの20のエネルギーが腐敗してくるからである。

 

そして、エネルギー等価の法則により、存在するエネルギーは消滅させることは出来な

い。

そのために残された20のエネルギーがマイナスの事に使われて、病気や不幸を生み出し

てしまう。

つまり、不完全燃焼を起こして病気を作り出すエネルギーに変わってしまう。

 

天(神様??)としては、全力を尽くしてほしいから、「もっと頑張りなさい!」「もっと力

を出しなさい!」と事故や不幸を発生させて、警告を送ってくる。

 

従って、持てる力を全て出し切って、他者に奉仕する人生を送ることを心掛けて下さ

い。と述べているとの事でした。

 

 私も成程なぁ~!!と思います。

心得て行動しなくてはいけませんね。

 

    それと同時に、同じことが個人ではなく企業にも言えるのではないかと…。

つまり、常にその企業が持っている潜在能力を眠らせていると、出し切れなかったエネ

ルギーが不完全燃焼になり、その企業にとってはマイナスの事が起こってしまう、とも

言えるのではないでしょうか?!

 

 

 当社は商社です。

f:id:hokusho:20161026140346j:plain

商社の財産は、人材(人財)です。

全ての従業員が100%の力を発揮してくれていると良いのですが…、

80%の人、50%の人、もしかして20%の力しか発揮していない社員が居るのならば、

100%発揮できるように導いてあげなくてはいけません。

 

その社員の力不足からくる原因であれば、学習することで力が湧いてくるでしょうが、

元々その社員が持っている才能を発揮させ得ない部署や仕事(言ってみれば…不適材不適

所??)であったならは、本人の責任の前に、会社(社長)の判断ミスなのではないか…と。

 

色々と考えさせられました。

そんな目を持って、社内を見つめ直したいものと思った次第です。

 

 

 

 

ホクショー商事㈱

村田麿基