読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホクショー商事 社長ブログ

ホクショー商事 社長ブログです。

『人手不足に一つのアイディア』

 人材不足の問題は、いよいよ深刻になってまいりました。

当社でも、あの手この手で若者を募集している所ですが、そんな中で、一つアイディア

(ある意味、思い付きですが…)が出てきましたので、ひとつ、ご披露させていただきた

いと思います。

 

f:id:hokusho:20160914161617j:plain

 

 皆さんは、ワーキングホリデー制度はご存知ですか?

30歳(国によっては25歳)までの若者に、国同士が協定を結んで、旅行をしながら働く

ことを許している制度です。若い人にとっては、働くことで旅費を稼ぎながら、海外で

文化や言葉に触れることができるとても良い制度です。

 

 例えば、オーストラリアではワーキングホリデーの制度が盛んで、日本人には気候の

良いシドニーが人気とのこと。

 調べてみますと、日本は16か国(台湾を含んで)とワーキングホリデーの協定を結ん

でいます。ただ、この制度で海外から日本にやってくる若者は毎年1万人で、オースト

ラリアが全世界から受け入れる20万人と比べるととても少ないのが現状です。  

 

 皆さんもご存知の通り、日本ではこのところ多くの職場で人手不足が深刻化していま

す。その一方で、不法労働の問題もあります。

 こうした問題をワーキングホリデー制度の充実がある程度解消するのではないかと思

います。若者たちにとっては、日本のことを良く知ってもらう絶好の機会ですし、日本

のファンにもなってもらえるでしょう。

 

 例えばフレンチレストランならフランス人が、ブリティッシュトラッドの洋服屋さん

ならイギリス人の若者が働いていたら雰囲気があっていいのではないでしょうか。

 我々の様な機械要素部品&機械のディーラーなら、ものづくり大国ドイツ人の若者が

居たら、親近感も深まるでしょう。ただし、日本語が出来ないと話になりませんが…。  

 

f:id:hokusho:20160914161303j:plain

 

 高度人材の活用にも大きな制限があるようですが、政府はワーキングホリデー制度の

拡充とアピールをもっとやるべきではないかと愚考いたします。

  

 

                             ホクショー商事㈱

                              村田 麿基