読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホクショー商事 社長ブログ

ホクショー商事 社長ブログです。

『我が社の不景気対策』①

 

 

 今日のブログは、ちょっとネガティブな話題からスタートです。

 

2008年秋から始まり、我々を苦しめた経済危機、リーマン・ショックの引き金はサブ・

プライムローンの破裂でした。

そして2016年の今、問題が表面化しつつあるものに、ハイ・イールド債と呼ばれる投資

債権があります。

 

ハイ・イールド(=高利回り)債とは、会社としての信用・格付けは低いけれども、将

来成長が見込まれる会社に対しての投資債権のことです。

ちなみにどの様な会社が投資対象かというと、アメリカのシェールガス開発会社、BR

ICSの資源・エネルギー会社がその代表格だそうです。

 

これら新興エネルギー企業の経営は、原油価格が1バレル100ドルを前提にしていると

言われているのですが、現在の原油価格は、前提条件のわずか40%に当たる1バレル40

ドルです。

これでは、投資の利潤どころか元本さえ・・・と言った状態です。

 

    本来は原油価格が下がって悪いことは何もないはずなのですが、こうしたマネーゲー

ムのおかげで、今や経済危機が懸念されている事になります。

 

このハイ・イールド債の危機レベルですが、発行残高は日本円換算で約100兆円と言わ

れています。

リーマン・ショックの引き金となったサブ・プライムローンの残高が100兆円で、ほぼ

同じ規模でしたし、日本のバブル崩壊の際の不良債権の総額も100兆円でした事を考え

ると、そら恐ろしくなる金額です。

 

 f:id:hokusho:20160310140546j:plain

 

景気後退には、不況→経済危機→大恐慌と三段階あるそうですが・・・、

 

話が長くなってしまったので、第二弾にて続きをお話しさせていただきます。

 

 

ホクショー商事(株) 

村田麿基